京都の不動産情報・新築住宅情報
株式会社中央住宅販売


loan
ローンの一例
..................................................
現地説明会
諸費用
ローンシュミレーション
施工例
問合せ
..................................................
products
back

     ローンの一例

物件価格に諸費用を合わせてお借入れになられたAさんのローンシュミレーションの例をご紹介させて頂きます。
■Aさんの場合
年収 約400万円
借入銀行 京都銀行
..................................................................................
物件価格 2480万円
諸費用  100万円
自己資金   10万円

借入合計 2570万円
.............................................................................................................................................................................
まず借入限度額の計算をします。

借入限度額は、年収÷12×35%÷4427円(100万円借入した場合の月々返済額)で計算する事ができます。つまり1ヶ月の平均収入の35%以内で月々の平均支払額が納まるようにするという事です。
...........................................................................................................................................................
■Aさんの例の場合

400万円(年収)÷12×35%÷4427円≒26.35

4427円は100万円当りの支払額ですので限度額は2635万円。住宅ローンは10万円単位ですので、2630万円が借入限度額となります。

実際の支払額はいくらになるのか?

1.ボーナス払いを併用せず月々均等払いのみの場合

   借入年数 35年
金利 2.375%
月々返済額 ¥90,163−

2.2570万円の借入の内、600万円をボーナス月に支払いにまわした場合

月々返済額 ¥69,113−
ボーナス月返済額 ¥195,811−
(年2回・月々返済額を含む)

.............................................................................................................................................................................

※尚、金利の2.375%は基準金利であり、金融機関によって、あるいはお客様の勤続年数や収入などにより優遇される事があります。

■Aさんの場合
・0.5%金利優遇され、1.875%でのローン借入ができました。
・ボーナス併用を利用されませんでしたので、35年払いで月々83,495円のお支払いとなりました。

詳しくは当社担当者にお気軽にお尋ねください。

お問い合わせフォーム

ローンシュミレーションへ

 
Copyright(c)2004 株式会社中央住宅販売 all right reserved