京都の不動産情報・新築住宅情報
株式会社中央住宅販売


various cost
諸費用
..................................................
現地説明会
諸費用
ローンシュミレーション
施工例
問合せ
..................................................
products
back

     売買の諸費用
  • 売買にかかる諸費用一覧 (概略を示したもので、各物件により異なります)

  • 賃貸の諸費用はこちら

目的

項目

内容

説明

支払時期
(一般的に)

購入

契約 印紙税 売買契約書、建築請負契約書等に貼る収入印紙代 契約時
登記 登録免許税 登記の際にかかる税金 残金時
報酬 登記手続きを依頼する司法書士への報酬 依頼時
ローン 融資事務手数料 金融機関への手数料(金融機関で異なる) ローン契約時
印紙税 ローン契約書に貼る収入印紙代(融資金額による) ローン契約時
ローン保証料 保証人を立てる代わりに保証会社などを利用する場合の費用 (金融機関で異なる)    
団体信用生命保険保険料 住宅ローンの借り入れにあたって加入する保険料(銀行ローンの場合は金利に含まれているので不要)     
火災保険料 住宅ローンの借り入れにあたって、建物にかける保険料 (金融機関で異なる)     
仲介 不動産仲介手数料 不動産会社に支払う仲介手数料(下記参照) 売買契約時・残金時
税金 不動産取得税 土地、建物を取得した際の地方税 登記後数ヶ月
税金 贈与税 購入資金の贈与を受けたときなど   
税金  固定資産税・都市計画税清算金 年税額を引渡しの日以降の分日割で清算 引渡時
その他 管理費等清算金 マンションの場合、月額管理費を引渡しの日以降の分日割で清算 引渡時
負担金 建物住宅の購入の場合、  水道加入金等の負担がある 引渡時

売却

契約 印紙税 売買契約書に必要な収入印紙代 売買契約時
仲介 不動産仲介手数料 不動産会社に支払う仲介手数料(下記参照) 売買契約時・残金時
登記 登録免許税 抵当権や売主の表示に変更がある場合の各登記費用 残金時まで
上記報酬 登記手続きを依頼する司法書士への報酬 依頼時
登録免許税 建物に未登記部分がある場合の表示登記費用 残金時まで
上記報酬 登記手続きを依頼する土地家屋調査士への報酬 依頼時
登録免許税 土地の実測や分筆がある場合の各登記費用 残金時まで
上記報酬 登記手続きを依頼する土地家屋調査士への報酬 依頼時
税金 譲渡所得税 土地、建物を売ったとき 申告

●情報リンク先

   
 売買の仲介手数料

●宅地建物取引業者が宅地または建物の売買等に関して受けることができる報酬の額

 宅地建物取引業者が宅地または建物の売買または交換の媒介に関して依頼者から受けることのできる報酬の額は、依頼者の一方につき、それぞれ、当該売買に係わる代金の額又は当該交換に係わる宅地若しくは建物の価格を次の表の左覧に掲げる金額に区分してそれぞれの金額に同表の右欄に掲げる割合を乗じて得た金額を合計した金額以内とする。

200万円以下の金額

100分の5

200万を超え400万円以下 100分の4
400万円を超える金額 100分の3
報酬の額(手数料)上限算出フォーム
売買価格(半角数字) 手数料 税込
万円   

▲上へ

     賃貸の諸費用
  • 賃貸入居時の諸費用と必要なもの一覧 (概略を示したもので、各物件により異なります)

目的

項目

説明

時期

費用

敷金(保証金) 契約のときに貸主様に預けるお金。(地域、店舗・事務所契約によっては保証金と言う表現で代用される)退去時に修繕費などを差し引きされます。 契約時
礼金 賃貸契約を結ぶ時に、大家さんに支払う「お礼」。金額は、地方にもよるが通常は賃料の2ヶ月分ぐらい。返却されません。
初回家賃 前家賃。当月分又は翌月分までの家賃を前払いします。
管理費(共益費) 共有部分の維持管理に必要な経費。家賃+管理費が、1ヶ月に支払う金額になります。(管理費が家賃に含まれる場合もあります。)
仲介手数料 契約者(借主)が、賃貸住宅の紹介を受けた不動産会社に支払う手数料。
火災保険(家財保険) 賃貸住宅に入居する際に、契約者(借主)が加入する。賃貸生活中の火災、水漏れを対象にした火災保険。賃貸契約更新時に合わせて火災保険の更新も行なわれる。保険料は物件の面積構造や保険の種類にもよるが通常2万円〜程度。
その他 ハウスクリーニング費用・消毒費用・鍵交換費用など

必要なもの

住民票 入居する全員の記載のあるもの 契約時
印鑑  
連帯保証人 契約者(借主)が、家賃等を支払えなくなった場合に、借主に代わって家賃等の支払いの義務を負う人。借主と同等の責務が発生するので、十分に信用できる人に依頼すること。(連帯保証人不要システムを使える物件もあります)
連帯保証人の印鑑証明書  
源泉徴収票 借りる人の収入を証明する書類
その他  運転免許証、健康保険証、連帯保証人の収入や在職を証明する書類が必要になる場合があります。
 
Copyright(c)2004 株式会社中央住宅販売 all right reserved